【元JRA助手の極秘情報】エルムSは仕上がり良好ロードゴラッソを推奨

2020年08月07日 17時30分

ロードゴラッソ

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。いやー、しかし暑い日が続きますな。散歩するにもマスクがつらくて、そうそうに逃げ帰ってきましたわ。しかし、関係者のみなさんは競馬を続けていくため、もっともっと神経質に頑張っておられます。ホンマに頭が下がります。

 さて、先週は札幌でGⅢクイーンSが行われました。勝ったのはレッドアネモス。11番人気馬Vの大波乱やったね。中団の内々回って、直線は馬群の中をさばいてきましたわ。もちろん、勝因の一つは吉田隼騎手の好騎乗やろうね。函館でもああいう競馬で結果を出してましたし、関西に拠点を移してから腕が上がったように思えます。

 ただ、そんな騎乗も、馬に脚があるからこそできるわけです。アネモス自身、もともと能力は高いとされていた馬ですし、今回のレースをきっかけに一気に開花するかもしれませんね。

 2着のビーチサンバも友道厩舎所属馬でした。スタートで後手を踏んで位置取り悪かったけど、直線はあわやと思わせる脚。やっぱり力はあるんやろうね。

 そして、1番人気のスカーレットカラー(3着)ですわ。これはやっぱり直線の不利が痛恨やったね。岩田康騎手も手綱を引っ張って立ち上がるほどのしぐさ。一旦ブレーキをかけてから、また立て直してあの着差やからね。スムーズなら突き抜けとったんとちゃうかな。残念ではあったけど、負けてなお…ってやつやと思いますわ。

 さ、今週の推奨馬にいきまひょか。日曜(9日)札幌のGⅢエルムSから、藤岡厩舎のロードゴラッソを挙げてみたいと思います。電話で取材したんやけど、(藤岡)ケンちゃんいわく「前走は目に見えない疲れがあったのかもしれない。放牧に出してうまくリフレッシュできたし、仕上がりも含めて非常にいい状態。チャンス十分やと思う」と手応えを感じさせる声でしたわ。また、クソ暑い栗東とは違い「こっち(札幌)は涼しいでぇ(笑い)」とケンちゃん。やっぱ馬にとっても北海道の環境はええんやろうね。あーうらやまし。

(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお)65歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。