【POG】池添兼厩舎期待のドゥラメンテ産駒ルースが日曜新潟千六でデビュー

2020年08月05日 17時30分

芝外1600メートル(牝)でデビュー予定のルース

【POGマル秘週報】2歳新馬戦開幕週の阪神芝内1400メートルでアスコルターレ(牡・西村)が快勝したのを皮切りに、ここまで新馬勝ち4頭を含め、計6頭が勝ち上がり。注目の新種牡馬ドゥラメンテは上々のスタートを切った。

 そのアスコルターレは土曜(8日)新潟のダリア賞(芝内1400メートル)に出走予定。「初戦はほとんど馬なりで着差以上の完勝でした。この中間はさらにコントロールが利くようになった感じ。もともと反応がいいし、気性も前向きな馬だけどね。より完成度が高まってます」(余田助手)とのことで、試金石の一戦が楽しみでならない。

 ドゥラメンテ産駒の注目馬は日曜(9日)新潟にもいる。芝外1600メートル(牝)でデビュー予定のルース(母ヤマカツマリリン・池添兼)だ。半兄には重賞5勝を挙げ、文字通り「厩舎のエース」として活躍したヤマカツエースがおり、厩舎ゆかりの血統になっている。

「まだ子供っぽくてフワフワしたところもあるけど、走りっぷりはいいですね。すでに480キロ前後。牝馬としては馬格もあります」とは担当する岡冨助手。その口ぶりは素材の良さを感じさせてくれるし実際、記者の目にも立派な馬体に映る。

 先月1日のゲート試験合格後も順調に乗り込まれ、15日に古馬2勝クラスとウッドで併せ馬を敢行。追走態勢から堂々と馬体を並べてみせた(6ハロン83・1―11・8秒)。

「あれで実戦でもやれる手応えを感じましたね。その前週(8日)のウッド調教後に少しカイ食いが落ちたので心配していたんですが、すぐに戻った。それからは全然、こたえたところは見せていませんよ」(岡冨助手)

 29日の坂路追いでは4ハロン53・7―13・2秒。この時の動きは馬場が少し重かったこともあり、もうひとつだったようだが、「跳びが大きくて、動きに柔らかみがある馬。パンパンの良馬場のほうが持ち味が生きそう」と岡冨助手は意に介す様子もない。何より順調に調教メニューをこなせていることが具合の良さの証左。31日にはゲート練習も行い、間近に迫った初陣に向けての準備に怠りはない。

 岡冨助手はかつて半姉のヤマカツグレース(フローラS=2着)の調教パートナーも務めていた。「乗った感じはヤマカツグレースの2歳時に似ているかな。ただ、見た目の雰囲気が一番近いのはやっぱりヤマカツエースですね」

 厩舎を代表する名馬の後継者を目指し、ルースの戦いが間もなく幕を開ける。