【元JRA助手の極秘情報】アイビスSDはうまく立て直したモンペルデュを応援したい

2020年07月24日 19時30分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。いやー、とうとう来ましたな。まだ本州の梅雨は明けてないらしいですが、週初めはアホみたいな暑さでした。ホンマ、体温調節が鈍り始めたオッサンにはきついですわ。本格的な夏がやってきたら、どうなってしまうんやろ。

 さて、先週の重賞やね。中京記念も函館記念も、まーごっついことになってました。WIN5も的中者ゼロ。日曜の後半戦はホンマ、難しかったですわ。まず中京記念の勝ち馬メイケイダイハードですが、終わってみれば後ろにいた馬が上位を占めてるわけですからね。逆に先行勢は総崩れ。先週までの競馬がずっと前々やったから、ジョッキーの意識もそっちへ集中してしまったんやろか。

 4角ではミッキーブリランテが楽勝するかなという手応えやったんやけど、直線は内から外からと、後ろの馬がガンガン差してきました。1番人気のギルデッドミラーも前の方におって巻き込まれた感じ。7月の阪神は例年にはなかった開催なわけやし、記録的な大雨も降ったりと、やっぱ馬場が特殊やったんかもね。

 中京記念がシンガリ人気馬のVなら、函館記念のアドマイヤジャスタはブービー人気。ただ、直線向いた時の脚色はすごかったからね。「ホンマに2桁(着順)続きの馬なんか?」と言って成績を見直してしまうほどでした。ありきたりなジャッジやけど、あの変貌ぶりは、やっぱ洋芝が良かったということなんやろね。いやー、ま、しかし先週はホンマにまいりました。

 さて今週の重賞は新潟直千のGⅢアイビスSD。松永幹厩舎のモンペルデュを応援したいと思います。ミキオいわく「去年のJBC(レディスクラシック)で転倒し(競走中止)、前走は取り消し。正直、リズムは良くなかったですが、休んでうまく立て直せました。芝は初めてだけど、スピードはありますから。新しい面を見せてほしい」とのことです。初芝だけに人気もないやろうから、低額投資で遊べるんとちゃいますか。

(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお) 65歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。