【アイビスSD・東西記者徹底討論】ライオンボスが小細工なしの舞台でスピードをフルに発揮

2020年07月22日 18時45分

昨年の覇者ライオンボスは理想的なローテで連覇を狙う

【アイビスSD・東西記者徹底討論】夏の新潟開幕週メインはサマースプリントシリーズ第3戦(9・13セントウルSまで全6戦)のGⅢアイビスサマーダッシュ(26日=直線芝1000メートル)。2001年に創設されたJRAただ1つの芝重賞直線レースだ。どこかとぼけた分析官「岡崎」がセオリー通りに経験値を重視すれば、仕事と家庭に大車輪の「両刀」山口は当舞台初参戦の穴馬で勝負。果たして軍配はどちらに?

 岡崎翔(大阪スポーツ):今週から新潟、札幌が開幕します。この開催が始まると、いよいよ夏競馬本番という感じがしますが、今年は最初、小倉開催がないんですよね。

 山口心平(東京スポーツ):オマエはいいよなあ。来週から3週間、週末はずっと休みだろ? どうせここぞとばかりに遊びまくるんだろ!

 岡崎:そんなことはないですよ。2場で競馬は開催してるわけだし、家でできる仕事だってあるんですから。

 山口:ウソつけ! 殊勝な言葉並べ連ねたってオレの目はだませないよ。ほら、手帳見せてみろ。

 岡崎:あ、ちょっと。

 山口:うっ、3週間で4連休が3回…。

 岡崎:い、いや、まだコロナも終息していないし…。自粛ですよ、自粛!

 山口:ちまたではGo To キャンペーンの是非が話題になってるけど、オマエには全く関係なさそうだな。悲しいヤツ。

 岡崎:ほっといてください! もう本題に入りましょう。今週は新潟でアイビスサマーダッシュが行われます。直線競馬は独特の適性が要求されますし、枠順にも大きく左右される。予想者泣かせの条件です。

 山口:そこをビシッと決めるのがオレたちの腕の見せどころだろう。
 岡崎 現状では昨年の覇者ライオンボスが主役ということになるんでしょうね。直線競馬は〈4・1・0・0〉と準パーフェクトです。

 山口:まあ、異論はないところだ。昨年の5月に初めて直線競馬を使って5馬身差の圧勝。格上挑戦の韋駄天Sを勝ち、続くアイビスSDも決めて怒とうの3連勝。秋のルミエールオータムダッシュはクビ差で取りこぼしたけど、前走の韋駄天Sは斤量差をものともせずにねじ伏せたからな。

 岡崎:持っているスピードが突出しているんでしょうね。小細工なしのこの舞台ならそれがフルに生きる、と。ボクは素直に◎を打ちます。

 山口:確かに今まで戦ってきた馬とは勝負付けが済んでる感じはするけど…オレはあえて○評価にとどめて新興勢力の台頭に賭けてみたい。

 岡崎:そんな魅力のある馬いましたっけ?

 山口:6歳にして初めて使った芝の前走(テレビユー福島賞)で後続を5馬身ちぎった◎アユツリオヤジがいるだろ。

 岡崎:確かにダートで頭打ち→芝替わりで一変というのは、ライオンボスと似てるかも。

 山口:だろ? 非凡なダッシュ力を持つダート馬が直線競馬で大変身するのはよくあるパターン。前走時は4走連続2桁着順後で警戒できなかったけど、今度こそってとこだな。

 岡崎:うーん、ノーマークにしましたが、言われてみれば怖くなってきました。

 山口:そうだろ? せいぜい足をすくわれないようにな。

 岡崎:ボクの○は2年前の勝ち馬ダイメイプリンセス。この馬も直線競馬は〈3・0・1・1〉の好相性。前走の韋駄天Sは牡馬換算で58キロを背負って小差の3着です。7歳になりましたが、衰えは皆無です。

 山口:オレの▲はナランフレグ。昨年の閃光特別はなかなかのインパクトだった。

 岡崎:直線競馬は外枠が圧倒的に有利ですが、内(8番枠)から突き抜けたんですよね。

 山口:そうそう。それを思えばその後の成績が物足りない気もするけど、後ろから行く馬だけに成績にばらつきがあるのは仕方がない。前が速くなって展開がはまれば鮮やかに差し切るかもよ。

 岡崎:ボクの▲はジョーカナチャン。前出の韋駄天Sではライオンボスにアタマだけ差されて2着。斤量差もあったけど、王者に冷や汗をかかせました。5歳馬ですが、まだキャリアは11戦。底を見せていません。

 山口:要するにオマエは順番こそ違えど、韋駄天Sの1、2、3着が◎▲○ってことか。そんな単純なもんかねえ?

 岡崎:言ったでしょ、直線競馬は独特の適性が要求されるって。直線競馬の実績を重視するのは理にかなってますよ。

 山口:まあ、そうなんだけどさ。

 岡崎 :ほかに強調しておきたい馬はいますか?

 山口:イベリスかな。半姉は15、16年にこのレースを連覇したベルカント。血統的に直線競馬の適性を秘めているかもよ。

 岡崎:ボクはゴールドクイーン。やや一本調子だけど、ツボにはまった時は昨年のながつきS(中山ダート6ハロン)のように行った切りで圧勝もある。こちらも初の直線競馬がマッチする可能性はありそうです。