【セレクトセール=1歳馬】ディープインパクト産駒「シーヴの19」(牡)は5億1000万円 初日は18頭のミリオンホース誕生

2020年07月13日 18時31分

 13日、北海道のノーザンホースパークで行われている国内最大のサラブレッド市場「セレクトセール2020」1歳馬セールは、上場番号1番ポロンナルワの19(牡、父ハーツクライ)からセリを開始。いきなりの1億円超え(落札額1億2500万円)と今年も活況を予感させるスタートとなった。

 上場番号23番のドゥラメンテ産駒プラウドスペルの19(牡)は1億6000万円で落札。購買者は廣崎利洋HD(株)。

 マイラプソディの半妹にあたる上場番号36番のディープインパクト産駒テディーズプロミスの19(牝)は2億4000万円で落札。購買者は(株)キーファーズ。

 米2歳牝馬チャンピオン・シャンパンルームを姉に持つ上場番号50番のハーツクライ産駒ラッキートゥビーミーの19(牡)は1億9000万円で落札。購買者はエフレーシング。

 上場番号56番のディープインパクト産駒フォエヴァーダーリングの19(牡)は4億円で落札。購買者は(株)ダノックス。姉は函館芝1200メートルの新馬戦をレコード勝ちし、18日の函館2歳Sで1番人気が予想されるモンファボリ。

 仏牝馬2冠ラクレソニエールの半弟にあたる上場番号67番のディープインパクト産駒アブソリュートレディの19(牡)は2億2000万円で落札。購買者は金子真人ホールディングス(株)。

 上場番号71番のハーツクライ産駒チェリーコレクトの19(牝)は1億4500万円で落札。購買者は麻布商事。兄はGⅠホープフルS・3着のワーケア。

 上場番号74番のキングカメハメハ産駒ヒストリックレディの19(牡)は1億1500万円で落札。購買者は金子真人ホールディングス(株)。近親に桜花賞馬ハープスターがいる。

 上場番号92番のディープインパクト産駒パレスルーマーの19(牡)は1億9000万円で落札。購買者は麻布商事。兄は米GⅠベルモントSを制したパレスマリス。

 今年の桜花賞、オークスを制したデアリングタクトの全妹にあたる上場番号93番のエピファネイア産駒デアリングバードの19(牝)は4900万円で落札。購買者は(株)サラブレッドクラブライオン。

 マイラプソディの半妹にあたる上場番号36番のディープインパクト産駒テディーズプロミスの19(牝)は2億4000万円で落札。購買者は(株)キーファーズ。

 近親に南部杯2勝のベストウォーリアがいる上場番号102番のドゥラメンテ産駒フォンタネットポーの19(牡)は1億3500万円で落札。購買者は麻布商事。

 上場番号108番のディープインパクト産駒カンビーナの19(牡)は2億円で落札。購買者は島川隆哉氏。母は米GⅠアメリカンオークスの勝ち馬。

 ケンタッキーオークス馬キャスリンソフィアの半弟にあたる上場番号114番のディープインパクト産駒シーヴの19(牡)は5億1000万円で落札。購買者は国本哲秀氏。

 仏GⅠ馬ケマーを姉に持つ上場番号126番のディープインパクト産駒カルティカの19(牡)は1億7000万円で落札。購買者は廣崎利洋HD(株)。

 上場番号147番のKitten’s Joy産駒ジョイフルビクトリーの19(牡)は1億500万円で落札。購買者は(株)ダノックス。母は米GⅠサンタマルガリータSの勝ち馬。

 セール初日のトリを飾ったキングカメハメハのラストクロップ、上場番号258番のマルシアーノの19(牝)は1億7000万円で麻布商事が落札。最後までコロナウイルスの影響を感じさせない活況ぶりを見せつけた。

 セール初日は18頭のミリオンホースが誕生。落札総額は過去最高だった昨年をわずかに下回ったとはいえ、約3億円減にとどまる104億2800万円を記録。平均価格も4554万円と新型コロナウイルスの影響を感じさせない活況を呈した。