【七夕賞・東西記者徹底討論】堅実ヒンドゥタイムズか福島巧者レッドローゼスか

2020年07月08日 17時03分

ヒンドゥタイムズはデビュー以来、掲示板を外したことがない超堅実派だ

【七夕賞(日曜=12日、福島芝2000メートル)東西記者徹底討論】荒れる夏のハンデ重賞の代名詞にもなっているGⅢ七夕賞の予想に臨んだ「両刀」山口&「馼王」西谷は当然、波乱を決め打ち。とっておきの◎を披露したものの…。互いに相手の本命を無印で全否定する展開に。これ以上ないくらい、明暗が分かれそうだ。

 山口心平(東京スポーツ):レジ袋有料化ってどうよ?

 西谷哲生(大阪スポーツ):賛否ありますが、いいことじゃないですか。

 山口:でも、本音はわずか数円でも払うのは何だか悔しい。一方で男がセコセコとエコバッグ持って買い物に行くなんて…という気持ちもある。

 西谷:さすが九州男児。謎のプライドですね。

 山口:じゃあ、なるべく手で持ち帰るぞ。

 西谷:たまに持ち切れないくらいの品物を頑張って持ち帰る人いますよね? そっちのほうがみっともないですよ。よほどのケチなんだなって(笑い)。

 山口:うるさい。落とさないようにバランス取るのも大変なんだぞ。

 西谷:エコバッグ、なかなか便利ですよ。競馬場でも馬券発売が再開すれば、持ち切れないくらいの札束を入れて帰る時がくるかもしれませんからね。

 山口:そうだな、そういうこともあり得る…いや、あり得ないだろ。

 西谷:とりあえず福島の七夕賞でエコバッグ代でも稼ぎましょう。

 山口:荒れることでおなじみのハンデ重賞だぞ。的中すればエコバッグ代じゃ済まないんじゃね? 今年も抜けた馬はいないし、どこからでも入れるメンバー。ホントに難しい。

 西谷:それぞれの本命馬が、相手は無印というのがその難しさを表してますよね。

 山口:オレは◎ヒンドゥタイムズで、オマエが◎レッドローゼスか。まずは先に能書きを聞いてやろう。

 西谷:前走(メトロポリタンS=9着)のような瞬発力勝負では分が悪いし、体形的に距離も少し長かったようです。福島での3戦はすべてオープンながら、一度も掲示板は外してませんからね。

 山口:確かに福島では大崩れせず走れているけど、いずれも後方からの差し競馬。よほど展開が向かないと突き抜けるまでは厳しいだろ。

 西谷:いやいや、前走は前めで楽に運べてはいましたから。あの経験が今回につながれば、悪くても中団ちょい後ろくらいで競馬ができるのでは。

 山口:大箱東京のスローだから、あの位置につけられたってのもあるんだけどな。

 西谷:いちいちケチつけてきますね。そういう先輩の狙い馬なんて、オープンへの昇級戦じゃないですか。

 山口:新馬勝ち上がり直後に京成杯に挑戦して3着に健闘した馬だぞ。とにかく相手なりに走る堅実派。ローカルのハンデ重賞なら、いきなりからやれていい。

 西谷:そう甘くはないと思いますが…。

 山口:もともと立ち回りのうまかった馬が、最近は33秒台の末脚も使えるようになってる。甘く見て痛い目に遭わないといいけどな。

 西谷:かみ合わない我々ですが、相手筆頭はジナンボーで一致しました。

 山口:重賞未勝利とはいえ、大阪杯(6着)でも見せ場があったくらいだからな。

 西谷:少し余裕のある体つきだった小倉大賞典(3着)にしても、先行馬総崩れの中でよく踏ん張っていましたよ。1角までの距離が長くなる今回は前に壁を作る競馬もしやすいでしょう。

 山口:3番手はブラヴァス。2走前(但馬S1着)には◎を負かしているからな。ヒンドゥタイムズに比べると完成するのはまだ先という気もするが、血統的な裏付けはもちろん、全場重賞制覇のかかる鞍上(福永)の勝負度合いも魅力だ。

 西谷 前走(新潟大賞典=4着)は左手前に戻してからのほうが伸びていたので、右回りのほうがいいかもしれませんね。

 山口:オマエの3番手はヴァンケドミンゴか。

 西谷:自分からマクって動いた前走(エールS1着)が強い内容。これで福島は4戦4勝ですからね。久々の重賞でも通用していいのでは。

 山口:正直、印はいくらあっても足りないくらい。クレッシェンドラヴは長休明けの分、押さえにしたけど、地力上位は明らかだし、前走(福島民報杯1着)が強かったマイネルサーパス、小回りの持久力勝負が合いそうなパッシングスルーも無印にはできないし…。

 西谷:ですね。本来、クレッシェンドラヴやマイネルサーパスは重い印をつけなくてはいけない馬なんですが、“荒れる”という先入観から△にしてるようなもんですし…。いずれにせよ、最終追い切りまでキッチリ見極めたうえで最終的な取捨を判断する必要がありそうです。

 山口:阪神のプロキオンSも難解だが、オレの注目馬はミッキーワイルド。前走(欅S=2着)はオープン特別とはいえ、58キロを背負ってのもの。昨年の2着馬がようやく復調してきた。

 西谷:ボクはそのミッキーを破ったトップウイナーですね。連闘で連勝するくらいですから、今はよほど具合がいいんでしょう。夏は格より勢いの格言にならいます。