【元JRA助手の極秘情報】宝塚記念 松永幹厩舎のラッキーライラック 万全!雨予報も不安なし

2020年06月26日 17時30分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。どんどん暑くなってきて、マスクをつけるのがしんどいですわ。涼しい素材のやつは高いし、人気なんで全然買えまへん。外出するのがホンマつらいね。普段なら「競馬はぜひライブで!」と言うてますけど、この暑さなら、無観客じゃなかったとしても家で見てるほうがええかもしません。みなさんもマスク熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 さて、先週は東京で3歳のダート重賞「ユニコーンS」が行われました。カフェファラオが勝ったわけですが、ちょっとあの馬は能力が抜けてるかもしれませんね。直線はほぼ馬なりであの着差(5馬身)ですから。時計も速いし、無傷の3連勝でっしゃろ。現状、同世代では敵なしやろうね。

 前走はスタートが良くなく、荒削りなレースで勝ったけど、今回はそれもうまくクリアしてました。徐々に悪いところが解消されていってるのもええね。大物感を漂わせてるんとちゃいますかね。

 2着のデュードヴァンは道中ほぼ最後方。あそこから来るんやからたいしたもんやけど、やっぱり勝ち馬とは差を感じたかな。展開がハマれば大きな舞台でもチャンスがあるかもしれんけど、ま、流れうんぬん言うてるうちは力差があるということでっしゃろ。

 サウジダービーの勝者(フルフラット=6着)は…正直、どうなんやろうね。直線に向いた時はええところにおったけど、そこからがこれといった見どころなしでした。サウジの力量が図れんし、そもそも馬場の問題かもしれんし…ようわからんね。

 函館スプリントSはダイアトニック。好発を決めてハナまで行けそうやったけど、ダイメイフジが来たからスッと控えました。結果的に楽勝やったね。前走はゴール前の不利がありながらGⅠ高松宮記念で3着。やっぱり力が違ったということでしょう。武豊ジョッキーとは初めての競馬やったけど、まーあいかわらずスタートがうまい。ゲートを出たら、もう1馬身抜けてましたから。やっぱたいしたお人です。

 さて、今週はGⅠ宝塚記念。応援している松永幹厩舎からラッキーライラックが出走します。ミキオには週中にもロングインタビューさせてもらいましたが、その後も「ここまで本当に順調にきました。現状、思い残すことはないですね。万全の状態です」と言うてました。雨予報に関しては「あまり経験がないので、できれば良馬場で」と希望していましたが、今のあの雄大な馬体を見ると心配する必要はないかもしれませんね。難なくこなして、勝利をもぎとってくれるはずでっせ! 全力で応援しときます!(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお) 65歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。