【宝塚記念】ラッキーライラック ウッドでラスト11・7秒「完成期に入っている感じです」

2020年06月24日 18時51分

充実期を迎え、走りにも力強さが増したラッキーライラック

【宝塚記念(日曜=28日、阪神芝内2200メートル)注目馬24日最終追い切り:栗東】ラッキーライラックはウッドで単走。道中から推進力のある走りで、馬なりのまま6ハロン83・2―11・7秒をマークした。

 松永幹調教師「放牧先の牧場スタッフから、ここに来てまた感じが良くなっていると聞いていました。帰厩後も落ち着きがあっていい状態ですし、馬体も全体的にボリュームが出てきていて、本番ではプラス体重で出られそう。心身ともに成長が感じられて、完成期に入っている感じです。(馬場については)少々の道悪なら大丈夫かなとも思うけど、やはり良馬場のほうがいいでしょうね」