復活V オルフェ「凱旋門賞の勝算」

2012年06月25日 14時00分

 24日に阪神競馬場で行われたGⅠ第53回宝塚記念(芝内2200メートル)は、ファン投票1位のオルフェーヴル(牡4・池江)が奇跡の復活Vを決めた。

 陣営も「7割」と公言していた体調不安を一蹴する2馬身差完勝。逸走した阪神大賞典(2着)と同じ仁川の地で、現役最強馬の失地回復を果たした。

 回り道をしたが、本来の〝青写真〟に舞い戻ってきた栗毛の怪物。となると、10・7仏GⅠ凱旋門賞(ロンシャン競馬場=芝2400メートル)参戦が再び現実味を帯びてくる。この1勝が世界取りへ弾みとなるのか、当事者の言葉から探った——。

(※詳細は本日発行の紙面で)