【函館スプリントS】シヴァージはウッド5ハロン67・5秒 藤岡佑「ピリッとしてくれれば」

2020年06月18日 20時02分

疾走するシヴァージ

【函館スプリントS(日曜=21日、函館芝1200メートル)注目馬18日最終追い切り:函館競馬場】シヴァージは北九州短距離S・1着→高松宮記念5着。価値ある走りを見せた前2走はともに重馬場でのもの。初めての洋芝でも、適性は十分に見込める。

 注目の最終追い切りは藤岡佑が騎乗してウッドで単走。栗東坂路で見せる迫力ある動きに比べるとやや物足りない印象もあるが、いつもとは勝手の違う中で5ハロン67・5―38・5―12・6秒なら及第点。待望の初重賞タイトル奪取へ、態勢は着々と整いつつある。

 藤岡佑騎手「(滞在競馬でこの後)輸送がないし、木曜追いは予定通りです。“まだちょっと足りないかも”ということだったので、しっかりやりました。歩様や動きはまったく問題ないので、この一本でピリッとしてくれれば」