【ユニコーンS】レッチェバロック スムーズに折り合って坂路ラスト12・4秒「いいスピードがある」

2020年06月17日 20時42分

追い切りでも気性面の成長が見られたレッチェバロック

【ユニコーンS(日曜=21日、東京ダート1600メートル)注目馬17日最終追い切り:美浦】レッチェバロックは馬場開場直後の坂路に一番乗りで登場。前半はやや行きたがるそぶりを見せたが、スピードに乗ってからはスムーズに折り合って4ハロン51・5―12・4秒を計時。終始楽な手応えで駆け上がった。陣営は距離延長にもノープロブレムを強調した。

 藤沢和調教師「今回はさらに相手が強くなるけど、いいスピードがあっていい馬。気性面も入厩当初に比べれば随分と良くなって、千四でも上手に走れている。今回はさらに1ハロン延びるけど、しっかりコントロールはできているので」