【ユニコーンS】フルフラット 坂路で4ハロン49・9秒の快時計「マイルは合っている」

2020年06月17日 20時24分

海外遠征後だが好時計をマークしたフルフラット(右)

【ユニコーンS(日曜=21日、東京ダート1600メートル)注目馬17日最終追い切り:栗東】前走のサンバサウジダービーカップでは、日本馬として初めてサウジアラビアで勝利を挙げたフルフラット。歴史に名を刻んだダート界の新星だ。

 この日は坂路でダイシンクイント(古馬1勝クラス)と併せ馬。軽量の見習い騎手が騎乗したとはいえ、スピード感満点の走りで僚馬に楽々と先着。しかも4ハロン49・9―12・2秒の快時計までマークした。

 青木助手「サウジアラビア遠征後は一旦、放牧へ。さすがに疲れが見られたので、帰厩後もケアしながらの調整をしてきました。マイルは合っているので、あとは国内重賞メンバーとの力関係がどうか」

 重賞初制覇へ向け、万全の仕上がりだ。