【ユニコーンS】タガノビューティー 坂路で力強い脚取り「末脚を生かす形にできれば」

2020年06月17日 20時23分

動きの良さが目立ったタガノビューティー

【ユニコーンS(日曜=21日、東京ダート1600メートル)注目馬17日最終追い切り:栗東】芝でも朝日杯FSで4着のある実力馬タガノビューティーだが、ダートではさらに安定感があり、これまで4戦して〈2・1・1・0〉と馬券圏内を外していない。

 この日は坂路で単走。4ハロン53・8―12・7秒と時計自体はそれほど目立たないが、この馬は坂路追いだといつもこのくらい。むしろ力強い脚どりで動きの良さは目立った。

 西園調教師「先週はコースでビッシリやったし、輸送もあるから今日はしまいだけサッとやった。芝よりもダートの方が上がりが速かったくらいなので、今回もその末脚を生かす形にできれば」