【函館スプリントS】フィアーノロマーノ ウッドラスト11・4秒に藤岡康「感触は十分」

2020年06月17日 20時01分

フィアーノロマーノは豪快なフットワークでラスト11・4秒をマーク

【函館スプリントS(日曜=21日、函館芝1200メートル)注目馬17日最終追い切り:函館競馬場】フィアーノロマーノは角馬場で入念に体をほぐした後、藤岡康を背に芝コースで5ハロンから単走。鞍上との息はぴったりで、抜群の手応えで直線を迎える。鞍上の手綱が動くことはなかったが、ラスト11・4秒とシャープな伸びを見せた(64・6―35・9秒)。鞍上も手応え十分だ。

 藤岡康騎手「先週より良くなっているし、感触は十分です。1200メートルに対応できるスピードはあるのでスタートを決めたい」

 小川助手「追うごとに体が締まってきた。体形から(初の)1200メートルでもと思えるし、うまくスピードに乗って行けたら」