【旭堂南鷹のビンボー講談師に明日はない】オスカールビーで給付金以上を期待

2020年06月13日 18時00分

【旭堂南鷹のビンボー講談師に明日はない】ビンボー講談師にも細々とした部分で新型コロナウイルスの影響が出ている。

 トレセンへ行かなくなってはや2か月。前泊する寮ではタブレット端末が必需品だ。映画や安室奈美恵のライブ映像を見るためだけではなく、もちろん予習のために競馬映像も確認する。

 ただ、Wi―Fiが設置されていないため、スマホにつながなければならない。だから、ケータイの料金は真面目に支払っていた。自粛期間に入ったことでタブレット端末も自宅でのみの使用に。当然、自宅のWi―Fiで稼働する。今週の初め、携帯電話会社から一通の封書が届いた。

「未払いによる解約手数料の発生」

 えー、止められていたのか。気づかぬまま支払いを怠って2か月。高い解約金を支払わなければならない。頼みのダノンプレミアムは色男らしく潔く負けたし、給付金は音沙汰なし。そうこう言ってる間に1週間が過ぎた。馬券で稼いで払うしかもう道はない。

 マーメイドSは何を買えばいいのか分からない上に天気も悪そう。持ち時計の速い馬は黙って切る。本命はオスカールビー。稍重までしか経験がないとはいえ、3勝を挙げる二千巧者。メンバーの中では上位に当たる持ち時計も勝ち時計ではない。時計のかかる馬場の方が適性がありそうだ。

 週中の「ズバッと採点」のコーナーで清水記者がA評価。前走勝ちで勢いがついたし、鞍上も売り出し中のルーキー泉谷。軽量と後続の切れが鈍る道悪を利して、逃げ切りまで期待したい。

 人気どころではオルフェーヴル産駒のサラス。二千3勝の実績も、勝ち時計はすべて2分超え。長休明け2走目で得意の阪神。連覇へ狙い澄ました感がある。

 とにもかくにも泉谷くん。給付金以上の配当を期待しているぞ。

◎オスカールビー
○サラス
▲マルシュロレーヌ
△サマーセント

【プロフィル】きょくどう・なんおう 講談師。マイケル・ジャクソンの自伝を読んで講談師の道を決意。演目は競馬、MJの他に「五代友厚」をシリーズ化。毎週日曜7時~ラジオ関西「旭堂南鷹の今昔なにわ物語」出演中。夢はグラミー賞朗読部門。