【元JRA助手の極秘情報】天保山Sレッドルゼル「順調に調整できていて仕上がり良く、距離はベスト」

2020年06月12日 21時00分

前走コーラルSを制し、連勝中のレッドルゼル(左)

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。今週からもう北海道開催ですか。無観客とはいえ無事に開催されるのは何よりやね。ま、夜の街への出陣は自粛せなアカンみたいですが、それでも函館出張となれば関係者のテンションも上がるでしょう。オレはオレで、馬券とお取り寄せグルメでしっかり函館の応援をしたいと思います。

 さて、先週は安田記念でした。アーモンドアイ(2着)の敗戦に、競馬ファンの大半がひっくり返ったと思います。ただ、あれはアーモンドアイが負けたんやなく、グランアレグリアが勝ったんやとオレは解釈しています。ネットの記事でもアーモンドアイの敗因探しばかりが目立ちますが、ぶっちゃけ、単純にグランアレグリアが強かったんやと思いまっせ。

 確かに中2週という、アーモンドアイにしては異例のタイトな間隔。それに出遅れもありました。ただ、それでもすぐに馬群に取り付いて、競馬はできていましたからね。それに、あくまでもオレの目線やけど、パドックでも落ち着いていたし、体も張りがあって良く見えました。確かにヴィクトリアMは強すぎてビビりましたけど、そもそも牝馬限定の前走とはメンバーレベルがまったく違います。マイルという舞台では、絶対的な存在ではなかったということちゃうかな。

 ま、それでも去年の最優秀短距離馬インディチャンプにはしっかり先着しているわけやし、本来は2000~2400メートル向きの馬ですからね。GI・8冠の夢が雲散霧消したわけちゃいまっせ。

 ということで、グランアレグリアにはお手上げです。4角…どころか直線向いてもまだ馬なりやったし、馬場のええところを探す余裕もありました。正直、アーモンドアイのこれまでの競馬をやってのけた感じです。今回に関しては完勝とちゃうかな。まさに異次元の競馬やったと思いますわ。マイルの舞台ではちょっと抜け出たかなと思いましたね。

 他の馬たち…ま、3着のインディチャンプは頑張っていましたが、アドマイヤマーズやダノン3騎なんかは一枚、二枚落ちかな。それぐらい勝ち馬は強かったです。

 さて、今週は土曜阪神11R天保山S(ダート1400メートル)のレッドルゼルを推させてもらいまひょか。「リフレッシュ放牧明けですが、入厩後も順調に調整できていて仕上がりはいいですね。距離はベストだし、好勝負できると思いますよ」と安田隆厩舎の田港助手ですわ。

 人気になるでしょうが、このまま重賞までノンストップで行くんとちゃいますか。(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお) 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。