【エプソムC】レイエンダ 連覇へ気合十分に坂路で併入「今の高速決着も問題ない」

2020年06月10日 21時03分

ゴーフォザサミットと併せて馬なりで併入したレイエンダ(左)

【エプソムC(日曜=14日、東京芝1800メートル)注目馬10日最終追い切り:美浦】昨年覇者レイエンダは坂路で同レースに出走するゴーフォザサミットと併せ馬。テンはゆったりと運んだが、ラストは気合十分に併入フィニッシュ(4ハロン53・6―12・5秒)。

 先週の南ウッドでしっかりと追われた効果で行きっぷりが増しており、体は太め感なく仕上がった。陣営は連覇に向け自信の口ぶりだ。

 藤沢和調教師「順調だね。前走(ダービー卿CT=3着)はラストでしっかりと伸びていたが、マイルは少し忙しかった。昨年このレースを勝ったように東京は合う。今の高速決着も問題ない」