【安田記念】インディチャンプ 坂路でド派手に3馬身先着「いい状態」

2020年06月03日 20時36分

併せ馬で楽に3馬身突き抜けたインディチャンプ(右)

【安田記念(日曜=7日、東京芝1600メートル)注目馬3日最終追い切り:栗東】★評価A★インディチャンプは史上3頭目の安田記念連覇がかかる昨年の最優秀短距離馬。前走は香港遠征の白紙を受けてマイラーズCへの出走となったが、危なげなく2馬身突き抜けて盤石の再始動を決めた。

 この日は坂路で同厩アメリカズカップ(鳴尾記念出走予定)と併せ馬。ラスト一杯に追われると瞬時に加速して、ド派手に3馬身突き抜けた(4ハロン51・6―12・7秒)。

 ダービーに続いてGI連勝を狙う福永騎手「中間の稽古には乗っていないが、厩舎からは“いい状態”と聞いている。仕上がりは心配していない。スタートが良くなったことで瞬発力を好位からでも生かせるようになってきた。マイルではこの馬がチャンピオンという自負を持って臨みたい」