【鳴尾記念】ラヴズオンリーユー ウッドラスト11・5秒「距離延長はプラス」

2020年06月03日 20時05分

体調アップのラヴズオンリーユーは楽な手応えでラスト11・5秒と鋭伸

【鳴尾記念(土曜=6日、阪神芝内2000メートル)注目馬3日最終追い切り:栗東】前走のヴィクトリアマイルはドバイ(開催中止)への輸送などの影響で本調子を欠いて7着に終わったラヴズオンリーユー。最内枠でスムーズに立ち回れなかったことを考えれば2着馬から0秒5差なら力は示した。

 この日はウッドで単走。4ハロン標からゴール前で軽く仕掛ける程度だったが、ラスト1ハロン11・5秒と鋭く伸びた。気配は間違いなく上向いている(54・3―39・1秒)。陣営は上積みを強調した。

 吉田助手「使って息遣いが良くなるだろうし、距離延長もプラス。マイルを使った後で行きっぷりも良くなるはず」