【鳴尾記念】サトノルークス 武豊を背にウッドラスト12・0秒「距離は問題ない」

2020年06月03日 20時04分

併せ馬で遅れた手前のサトノルークスだが、時計、動きは及第点

【鳴尾記念(土曜=6日、阪神芝内2000メートル)注目馬3日最終追い切り:栗東】サトノルークスは新コンビの武豊を背に安田記念に出走予定のペルシアンナイト、コバルトブルー(古馬2勝クラス)とウッドで3頭併せ。

 さすがにGI馬には1馬身ほど遅れたが、鞍上は楽な手応えのまま。時計(5ハロン66・7―38・5―12・0秒)的にも及第点で、昨秋の菊花賞(2着)以来でも態勢は整っている。

 武豊騎手「もう少しのんびりしているのかと思ったけど、稽古ではしっかりと動けており仕上がりは良さそう。距離は問題ないので、あとは速い時計の決着になった場合がどうか」