【鳴尾記念】エアウィンザー 3頭併せウッドラスト11・8秒で最先着「阪神二千は相性のいいコース」

2020年06月03日 20時02分

【鳴尾記念(土曜=6日、阪神芝内2000メートル)注目馬3日最終追い切り:栗東】エアウィンザーは川田を背にウッド3頭併せ。直線は僚馬の間を割って出てラスト11・8秒(6ハロン82・3―38・7秒)。馬なりのまま最先着した。

 小滝助手「前走(新潟大賞典=9着)後は在厩で調整。稽古の動きは良くなってきましたし、阪神の2000メートルは相性のいいコースです」