【元JRA助手の極秘情報】土曜京都・東大路Sメイショウササユリ「力通り走れば巻き返し可能」と松永幹調教師

2020年05月29日 21時00分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。新型コロナウイルスはとりあえず、ひと山越えたみたいやね。国の対応に非難が集中していましたが、思っていたより犠牲者は少なく済みました(第2波、3波がくるかもしれませんが…)。

 ある国からは「ジャパン・ミステリー」なんて言われとるみたいやね。でもこれは強制力のない自粛要請に、みなさんが一致団結して協力した結果。日本人であることを少しは胸を張ってもええんとちゃうかな。気を抜きすぎるのはダメやけど、ダービー週にちょっとエエ気分にさせてもらいましたわ。

 さて、先週はオークスでした。デアリングタクトは最終的に単勝1・6倍ですか。一昨年のアーモンドアイが1・7倍ですから、そら松山君もかなりのプレッシャーやったと思いますよ。直線でも進路変更を余儀なくされたりと少しヒヤヒヤしましたが、それでも勝ち切るのがこの馬の底力。松山君も馬のことを信じ切っている証拠やろうね。

 おそらく秋は秋華賞を目指してくると思うけど、2400メートルをこなしたのはデカいでしょう。レシステンシアがどういう路線に行こうが、ちょっと3歳牝馬の中ではズバ抜けてしまった感じやね。無敗の2冠なんちゅうのは、そうそう簡単にできるもんちゃいますわ。

 2番人気のデゼルはまったく見せ場なかったね(11着)。馬体がさみしく映ったのもあるけど、やっぱキャリア不足かもしれんね。強い馬と走っていないのもあるし。ま、今回のがええ経験になるんとちゃうかな。

 2着のウインマリリンはさすが横山典という感じでした。外枠からスッと内へ入れて、ロスなく運んでましたからね。京都の内回りに替わるのはプラスやろうし、夏に力をつけてくれば秋華賞でおもしろい存在になるかもしれません。

 一方で京都の平安S。オメガパフュームは休み明けやし、59キロ…正直、あれで勝つんやからたいしたもんです。馬格があるほうでもないのにね。ま、でも、終わってみれば実績のある3頭が1~3着でしたし、帝王賞あたりで再戦が見られればおもしろいね(※その後、3着のゴールドドリームは帝王賞の回避が決定)。

 さて、今週は土曜京都10Rの東大路Sからメイショウササユリをピックアップしたいと思います。松永幹厩舎所属の馬ですが、ミキオいわく「前走の敗因ははっきりしないが、状態は変わらずいいですからね。普通に力通り走れば巻き返し可能」とのことです。

 前走の惨敗(15着)で人気も下がるやろうし、ここらあたりが一番おいしいんとちゃいますかね。(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお) 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。