【日本ダービー】サトノインプレッサ ウッドで楽な手応えのまま先着「距離は問題ない」

2020年05月27日 21時05分

調子落ちが感じられないサトノインプレッサ(右)

【日本ダービー(日曜=31日、東京芝2400メートル)注目馬27日最終追い切り:栗東】★評価B★サトノインプレッサはNHKマイルCで前残りの展開もあっていつもの末脚が見られず13着と惨敗。連勝は「3」でストップしたが、2走前は毎日杯で強い勝ち方をしているだけに、その一戦で評価を下げるのは早計だ。

 この日は坂井を背にウッドでカフジロッソ(古馬2勝クラス)と併せて楽な手応えで先着(6ハロン81・8―39・0―13・0秒)。中2週のローテーションだが、調子落ちは感じられない。

 廣岡助手「中間の調教でも我慢ができているので距離は問題ないと思う。鞍上も毎日乗ってくれて感触をつかんでくれているし、このひと追いで態勢は整う」