【日本ダービー・東西記者徹底討論】コントレイル無敗2冠かスタミナ抜群ヴァルコスの一発か

2020年05月27日 21時33分

王道組撃破を狙うヴァルコス

【日本ダービー(日曜=31日、東京芝2400メートル)東西記者徹底討論】ハートは熱く、頭はクールに――。同じようなスタンスで「両刀」山口と「馼王」西谷はクラシック最高峰・第87回日本ダービーの予想に臨んだはずが、結論は全く別物に…。王道を歩んできた馬が貫禄を示すのか、別路線組に波乱の使者が隠れているのか。歴史的な無観客ダービーの結末はいかに!?

 山口心平(東京スポーツ):いよいよ日本ダービーだな。

 西谷哲生(大阪スポーツ):でも、今年は無観客開催。まさかこんな形でダービーを迎えようとは…。

 山口:あの大歓声がないダービーはなかなか想像しにくいよな。まあ、無観客とはいえ、この大一番が無事に行われることに感謝しないと。

 西谷:ですね。この状況の中で無事に開催され続けているのがすごいこと。競馬会や関係者の努力、世間の理解があってこそです。

 山口:とにかく今年はいろんな意味でスペシャルなダービーだ。思いを込めて予想しようや。

 西谷:頑張りましょう。

 山口:熱いノリの前振りにしといて、こんなこと言うのもなんだけど、単に“当てたい”なら正直、簡単なような気もするけどな。

 西谷:そうですか?

 山口:皐月賞を見ちゃうとねぇ。コントレイル、サリオスの2頭がほかとは決定的な力差を見せつけた感じ。その後のトライアルや重賞も、皐月賞負け組が頑張ってたから、新興勢力の台頭もあまり期待はできない。2強のラインが強固過ぎるだろ。

 西谷:で、先輩は素直にコントレイル◎ってわけですか。

 山口:仕方ないよ。もう少し前がかりな競馬をするだろうと思っていた皐月賞でも、道中リラックスして上手に走れていたからな。勝負どころで余裕しゃくしゃくに大外を回って、メンバー最速上がりでの締め…まさに文句なしの勝ちっぷりだよな。

 西谷:結果としてGI・2勝がともに中山内回りの2000メートルになってますが、ベスト舞台とは思えませんもんね。広い東京のほうがフルに力を発揮できるでしょう。

 山口:そう言っときながら、オマエは◎じゃないのか。

 西谷:皐月賞では前半の進みが悪かったじゃないですか。その要因が荒れ馬場の影響とするなら、極端に馬場が悪くなった場合は心配です。

 山口:今の府中はよほどの雨が降らない限り、馬場悪化とはならないぞ。

 西谷:まあ、重箱の隅をつつくような見解ですから、突っ込みは甘くお願いします。

 山口:で、◎サリオスかと思ったら、それでもないのかよ。

 西谷:ボクは先輩が否定した他路線組に一発を託して、◎ヴァルコスです。前走の青葉賞は敗れたとはいえ、レースレコード決着の中でのクビ差2着ですからね。

 山口:今の高速馬場で時計を評価するのはあまり意味がない気もするんだが…。

 西谷:中身も十分です。ラスト5ハロンが一貫して11秒台、かつ減速ラップのない流れの中、向正面半ばから動いていって最後まで脚を使ったんですから、すごいスタミナの持ち主です。前残り馬場なら各馬が早めに仕掛けていくだろうし、厳しい流れになればなるほど持ち味が生きるはずですよ。

 山口:確かに負けて強しの内容ではあったけどな。あくまで青葉賞というひとつのレースとして見た場合の話だ。やはり王道路線が強いと思うけどなあ~。

 西谷:それは承知の上です。もちろん、サリオスもコントレイル同様に評価してますよ。皐月賞は荒れた内めの馬場を通ったこと、そして直線では手前を替えなかったことを考えれば、まだ勝負付けは済んでない気もしますからね。

 山口:オレも▲にはしたが、配当的には2頭の間に何かが食い込んでほしいところなんだよな。

 西谷:その筆頭候補がヴェルトライゼンデですか。

 山口:一連の競馬から距離が延びて良さそうなのはこの馬なんだよな。皐月賞8着は置いとくとして、ホープフルSではコントレイルの0秒2差2着。この馬にとってもベスト舞台ではなかっただろうから、広い東京なら肉薄できるのでは。

 西谷:見限れないのはサトノフラッグでしょう。皐月賞は力を出し切っての5着敗戦という感じではありませんでした。マーフィー騎手が能力を絶賛していたくらいの馬ですからね。

 山口:時計の速い決着は歓迎だろうな。ただ、初戦(6着)もポカがあったように能力発揮に波のあるタイプなのかも。いずれにしても、皐月賞を見るとオレは強くは推せないな。

 西谷:皐月賞3着のガロアクリークは思っていた以上に力をつけていたようですが、さらなる距離延長はどうでしょう。これよりは体のつくりがゆったりした4着ウインカーネリアンのほうが距離延長を味方にできる可能性を感じます。

 山口:ダービー一本に絞ったワーケアも争覇圏内だとは思うが、あまり全体時計が速い競馬を経験してないんだよな。△の中で一番、強調しておきたいのはアルジャンナ。エンジンのかかりは遅いが、持久力勝負になればしぶとく浮上してきそうな気がするぞ。