【元JRA助手の極秘情報】土曜京都オーストラリアT出走ドラグーンシチー「リフレッシュ放牧に出して気持ちの面が充実し、千八も守備範囲」

2020年05月22日 21時00分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。いよいよダービーが来週に迫ってきました。相変わらず無観客ではありますが、逆に言えば、そんな珍しいダービーを今後見られるかどうか分かりません。ある意味、歴史的なレースなので、テレビの前で気張って応援したいね。

 さて、先週はヴィクトリアマイルが行われました。みなさんご存じの通り、アーモンドアイが颯爽と駆け抜けました。何度も言うけど、ありゃバケモンです。ノーステッキどころやなく、ゴールまでほぼ馬なりやからね。有馬記念の惨敗で“歴史的名馬”という立ち位置が揺らいだかと思いましたが、なーんも心配ありませんでした。パドックを見てても、まーバランスがとれててね。ホンマ、ほれぼれする馬体してます。

 コロナ禍でドバイなど予定変更せざるを得なくなりましたが、そんなのまったく関係ありませんでしたわ。今回もぶっつけでの大楽勝。競馬っぷりだけやなく、ローテの面でも日本の競馬をガラッと変えよったね。有馬記念は…なんやったんやろ? 距離うんぬん言われますが、今回の勝ちっぷりを見るとそれだけやないはずですもんね。ま、いずれにせよ牝馬同士…それもリスグラシューのおらん牝馬相手ですからね。正直、一頭だけ別次元で競馬してるようなもんやったと思います。

 2着のサウンドキアラは、アーモンドアイがここに出てきたことを恨むしかないでしょう。この馬の力は出したと思うし、仮にアーモンドアイがおらんかったら、4連勝でビッグタイトル奪取ということになっていました。それだけ充実しているし、牝馬トップクラスの能力者であることは証明できました。もうアーモンドアイが牝馬限定戦に出てくることは、ほぼほぼないでしょうから、その時までお預けかもしれんね。

 ラヴズオンリーユー(7着)は休み明けがこたえたんでしょう。体も精神面も完全ではなかったように思います。そんな状況下で、しかも相手はアーモンドアイですから、さすがに厳しかったね。

 その前日に行われた京王杯SCはダノンスマッシュの意表をついた逃げがハマったね。4ハロンのペースを見て「ああ、もう行ったな」と思いましたもん。レーン騎手にまんまとやられました。ただ、もちろんそれは馬の力あってこそやからね。騎手のファインプレーと同時に、あらためてこの馬の力を再確認させてもらいました。

 さて、今週は土曜京都12RオーストラリアTのドラグーンシチーを推奨したいと思います。北出厩舎の村田助手によると「リフレッシュ放牧に出して気持ちの面が充実してきています。1800も守備範囲だし、いいレースできると思う」とのことですわ。

 3走前に阪神芝1800メートルで現オープンのブラヴァス(前走・新潟大賞典4着)相手にクビ差2着やからね。今回の距離延長はむしろプラスちゃうかな。(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお) 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。