【オークス】デゼル 坂路で反応を確かめる程度も動き軽快「全体的にレベルアップ」

2020年05月20日 21時04分

軽快な動きを披露したデゼル

【オークス(日曜=24日、東京芝2400メートル)注目馬20日最終追い切り:栗東】デゼルは仏の2冠牝馬を母に持つ超良血。前走のスイートピーSは上がり32秒5の驚異的な末脚で突き抜け、秘めた素質の一端をのぞかせた。

 実質的な最終追いは日曜(17日)に済ませており、この日は坂路で反応を確かめる程度。ラスト1ハロン付近から強めに追われて、4ハロン54・2―12・6秒と適度に負荷をかけられた。陣営は初の12ハロンへも自信を見せた。

 大江助手「さばきが良くなって、全体的にレベルアップ。ここ2走もただ走ってきただけじゃなく、中身の濃いレースができている。折り合いにも不安がないので、距離はこなしてくれると思う」