【オークス】マルターズディオサ ウインマリリンとウッドラスト11・7秒で併入「気配はいい」

2020年05月20日 20時43分

手塚軍団は左からマルターズディオサ、ウインマリリン、インターミッションの豪華3頭併せを敢行した

【オークス(日曜=24日、東京芝2400メートル)注目馬20日最終追い切り:美浦】マルターズディオサは南ウッドで豪華3頭併せ。後ろのウインマリリン→インターミッションを引き連れて5ハロン標からスタートした。道中の折り合いは至ってスムーズ。僚馬を内に迎え入れた直線はシャープな伸びでウインと併入した(67・8―38・8―11・7秒=インターは半馬身遅れ)。

 手塚調教師「前走(桜花賞=8着)はかかり加減だったが、中間はゆったりした調教を心掛けて我慢が利く感じになっている。気配はいい。(距離に関しては)少し長いが、3歳同士の一戦ならある程度は能力でカバーできる」