【ヴィクトリアM】昨年覇者ノームコア ウッドで躍動感ある走り「東京マイルはこの馬にとっていい舞台」

2020年05月13日 21時03分

モヤの中を軽快に駆け抜けたノームコア。連覇に向けて態勢は万全

【ヴィクトリアマイル(日曜=17日、東京芝1600メートル)注目馬13日最終追い切り:美浦】昨年覇者ノームコアは高松宮記念(15着)では初の千二に対応し切れず、道悪馬場も影響して本来の力を発揮できなかった。

 この日はウッドで単走。朝イチのためモヤで道中の動きは確認できなかったが、大外に進路を取った直線では軽く仕掛けられると素早く反応し、躍動感のある走りで駆け抜けた。

 萩原調教師「先週にしっかりと負荷をかける調教ができたので、今日はしまいを伸ばす感じ。全体的に馬場が重たい中でしたが、いい動きだったし、乗り役の感触も良かった。東京マイルはこの馬にとっていい舞台(2戦2勝)ですし、時計の速い馬場にも実績がある。昨年と同じパフォーマンスを発揮させてあげられるようにレースまでしっかり調整したい」

 ヴィクトリアマイル連覇へ――。準備は着々と進んでいる。