【旭堂南鷹のビンボー講談師に明日はない】NHKマイルC 本命はサトノインプレッサ

2020年05月09日 18時00分

【旭堂南鷹のビンボー講談師に明日はない】退屈が過ぎるから、否定し続けてきた稽古を始めた話を少し前に書いた。時間と心身の行き場がなく、思いもしない自分が現れた。

 競馬をはじめとする公営ギャンブルは緊急事態宣言下においても無観客で開催され、通常より売り上げる場合もあるくらい。そうした現状を見れば、今こそ競馬開催の有益性を示す絶好の機会だと直感する。

 僕も競馬開催のおかげでこのコラムが継続され、原稿料を頂戴できている。競馬開催の有益性にあやかる競馬人の末席の一員であろう。そう思うとあまりの退屈さのせいか、めったに見せない善人の僕が現れて「コラム1回につき500円を寄付しよう」と思い立つ。

 騎手が1鞍1000円寄付というニュースがあっただけに、ビンボー講談師としては奮発したのではないか。そして競馬コラムの一部寄付という趣旨をご理解してくれる団体と出会う。「子ども文化振興協会・ホッとアートプレゼント」に寄付させていただけることになった。

 本来なら寄付することを自ら発するのはやぼだけど、競馬の有益性の認知の一助となりつつ賛同者も現れてくれたらと願い、恥を承知で書く。自らの食費は馬券で稼げばいい。善行が勝利の女神の琴線に触れてくれないかという下心は、もちろんある。

 NHKマイルCの本命はサトノインプレッサ。持ち時計不足が指摘されているものの、逆にディープインパクト産駒が力のいる馬場で3連勝という事実の方が恐ろしい。時計勝負ならもっと強い可能性大。穴はストーンリッジ。毎日杯完敗で人気は落ちたが、府中マイルの藤原英厩舎は黙って買う。

◎サトノインプレッサ
○ストーンリッジ
▲タイセイビジョン
△ボンオムトゥック
△ウイングレイテスト

【プロフィル】きょくどう・なんおう 講談師。マイケル・ジャクソンの自伝を読んで講談師の道を決意。演目は競馬、MJの他に「五代友厚」をシリーズ化。毎週日曜7時~ラジオ関西「旭堂南鷹の今昔なにわ物語」出演中。夢はグラミー賞朗読部門。