【天皇賞・春】ユーキャンスマイル「今のデキなら勝ち負けになっていい」

2020年04月30日 21時04分

運動メニューを入念に消化したユーキャンスマイル

【天皇賞・春(日曜=5月3日、京都芝外3200メートル)注目馬30日朝の表情:栗東】前哨戦の阪神大賞典では馬群を鮮やかに割って快勝したユーキャンスマイル。以前と比べモタれる面が解消され、馬が変わった印象だ。この日は運動メニューを入念に消化。うっすらと筋肉が浮いた馬体が究極の仕上がりを物語る。陣営も自信たっぷりだ。

 友道調教師「もともとトモが緩い馬だったけど、昨夏あたりからそれが解消し、前走の内容を見てもようやく本格化した感じ。昨年(5着)は参加するだけだったが、今のデキなら勝ち負けになっていい」