【天皇賞・春】ミッキースワロー ウッドで軽快な伸び脚を披露「GIを勝つのに最も合っている条件」

2020年04月29日 21時00分

軽快な伸び脚を披露したミッキースワロー

【天皇賞・春(日曜=5月3日、京都芝外3200メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】ミッキースワローは菊沢調教師自ら手綱を取って南ウッドで単走。我慢を利かせた走りで3~4コーナーを回ると、直線では軽快な伸び脚を披露。5ハロン67・0―12・8秒をマークした。

 菊沢調教師「先週ある程度やったし、体の様子を見て単走で。京都への輸送もあるので、前回(日経賞=1着)よりもソフトに仕上げました。操縦性が高いのでGIを勝つには京都の3200メートルが最も合っている条件だと思っています。以前と比べて心身ともにしっかりしてきましたし、楽しみですね」