【青葉賞】フィリオアレグロ ウッドで馬なりのまま併入「体のこなしと前進気勢は前走よりシャープ」

2020年04月29日 20時03分

馬なりのまま併入したフィリオアレグロ(左)

【青葉賞(土曜=5月2日、東京芝2400メートル=2着までに5・31日本ダービー優先出走権)注目馬29日最終追い切り:美浦】フィリオアレグロは南ウッドで4ハロンから53・4―12・6秒。先行から馬なりのまま併入し、重心の低い鋭い動きを披露。先週も馬なりで好時計で動いており、仕上がりは良好だ。

 堀調教師「体のこなしと前進気勢は前走(共同通信杯=3着)よりもシャープです。権利を取ってダービーへ向かいたい」