【青葉賞】フライライクバード 坂路で半馬身先着「仕掛けられてからの反応が良化」

2020年04月29日 20時01分

半馬身先着したフライライクバード(手前)

【青葉賞(土曜=5月2日、東京芝2400メートル=2着までに5・31日本ダービー優先出走権)注目馬29日最終追い切り:栗東】2400メートルに替えてから2連勝。まだ抜け出してフワッとする面があるフライライクバードだが、血統馬らしくこの条件で適性を示しているだけにダービーへ向けて何とか出走権を獲得したいところ。

 この日は坂路でデゼル(3歳1勝クラス)との併せ馬。ラストまでしっかりと追われて半馬身先着してゴール。稽古で目立つ馬ではないだけにラスト1ハロン12・5秒(4ハロン54・2秒)は出色で、絶好調と言えるデキ。

 大江助手「仕掛けられてからの反応が良くなっているし、精神的、肉体的に少しずつ強くなっている。メンバーが強くなることで一生懸命走れればフワッとする面も解消するのでは」