【天皇賞・春】ミライヘノツバサ 鞍上のアクションに機敏に反応「まさにピークと言えるデキ」

2020年04月29日 20時30分

鞍上のアクションに機敏に反応したミライヘノツバサ

【天皇賞・春(日曜=5月3日、京都芝外3200メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】ミライヘノツバサは木幡巧を背に南ウッドで単走で追われ5ハロン69・5―12・4秒。直線では鞍上のアクションに機敏に反応した。

 伊藤大調教師「単走ながらスッと反応できて文句ない気配。脚元に反動も見られないし、まさにピークと言えるデキ」