【3歳クラシック指数】フローラSレースレコードVウインマリリン「75」でランクイン

2020年04月28日 21時30分

2020年3歳クラシック指数

★フローラS(26日=日曜、東京芝2000メートル)=前半5ハロン通過が58秒6とよどみなく流れたこともあり、勝ちタイム1分58秒7は堂々のレースレコードだ。

 そんな中、ウインマリリン(手塚)は好枠を生かして内めの4番手を追走。直線でスパッと抜け出し、後続の猛追をしのぎ切った。

 4番人気での勝利ながら、「ポテンシャル的に期待していた馬ですし、(それに見合う)ちゃんとした結果が出たと思う」と手塚調教師は順当勝ちといった口ぶりで、評価の高さが伝わってくる。

「指示に従順なので、距離が延びても問題ないでしょう」とは、こちらも初重賞制覇となった横山武。初の東京コースとタフな競馬をクリアし、オークスへ向けて理想的なステップを踏んだとなれば、「指数75」でのランクインで問題あるまい。

 クビ差2着ホウオウピースフル(大竹)は直線半ばで前が開かず、追い出しを待たされてのもの。負けて強しの内容で、評価は勝ち馬と同じく「指数75」に。

 一方、すでに「指数75」でランクイン済みで、ここの内容次第では一気のジャンプアップも期待された1番人気スカイグルーヴ(木村)はまさかの5着敗戦。14キロの大幅な馬体減が影響したのか…。力を出していないのは明らかで、現状維持としておきたい。