【天皇賞・春】ミライヘノツバサ「折り合いの不安がないから長丁場はもってこいの条件」

2020年04月28日 21時01分

【天皇賞・春(日曜=5月3日、京都芝外3200メートル)注目馬28日朝の表情:美浦】ダイヤモンドSを制し、屈腱炎からの復活を遂げたミライヘノツバサは坂路1本の微調整を行い、翌日の最終追い切りに備えた。

 伊藤大調教師「勝った後の反動もなく順調そのもの。前走同様にこの中間もしっかり負荷をかけられているし、状態的にはさらに上がった感じがするね。折り合いの不安がないから長丁場はもってこいの条件。相手強化でも」