【天皇賞・春】シルヴァンシャー「初の3200メートルがどうか」

2020年04月27日 20時32分

【天皇賞・春(5月3日=日曜、京都芝外3200メートル)注目馬最新情報:栗東】シルヴァンシャーの1週前追い切りは坂路で僚馬に2馬身ほど遅れたとはいえ、4ハロン52・6―38・4―12・4秒(一杯)なら相手が動き過ぎただけ。このひと追いで変わってきそうだ。

 池江調教師「1週前追い切りはまずまずだけど、まだ坂路しかやっていないし、久々で息が持つかどうか。前走(京都大賞典=3着)は前残りの展開になったが、初めての重賞にしてはまずまずの内容。力はつけている。初の3200メートルがどうかでしょうね」

【関連記事】