【天皇賞・春】ミッキースワロー「操縦性の高さが生きる京都の3200メートルはいい条件」

2020年04月27日 21時02分

【天皇賞・春(5月3日=日曜、京都芝外3200メートル)注目馬最新情報:美浦】ミッキースワローの1週前追い切りは古馬2勝クラスを外から追走し、軽い仕掛けで併入。南ウッド5ハロン64・8―37・2―12・1秒。道中の折り合いはスムーズで鞍上との息もぴったり。前回(日経賞=1着)以上の雰囲気だ。

 菊沢調教師「右回りのほうが走りがいいが、1週前追い切りは左回りでもよく動けていた。操縦性の高さが生きる京都の3200メートルはいい条件だと思うので楽しみです」