【NHKマイルC登録馬】2歳女王レシステンシアか3戦3勝サトノインプレッサか

2020年04月27日 11時30分

NHKマイルC登録馬

 スピード自慢の3歳馬が集結する第25回NHKマイルカップ(5月10日、東京芝1600メートル)の登録馬が26日、発表された(別掲)。今年もバラエティーに富んだ興味深いラインアップとなった。現時点で賞金900万円の9頭は抽選で6頭出走可能。

 デビューから3戦3勝で毎日杯を制したサトノインプレッサ。前走の毎日杯は0秒1差と数字の上では僅差だったが、直線で進路を確保するのに時間がかかり、正味追ったのはラスト1ハロンだけ。それでも瞬時に内から2着アルジャンナを差し切っており、府中のマイルならより決め手が生きそう。

 オークスを回避し、こちらに回ってきたのがレシステンシア。2016年メジャーエンブレム(1着)、17年アエロリット(1着)など、桜花賞から転戦してきた牝馬がこのレースで好走することは多く、阪神JF・1着、桜花賞2着の実績からもあっさり押し切っても不思議はない。先行脚質だけに、いかに府中の長い直線をしのげるかがカギだ。

 タイセイビジョンはデビューから重賞4戦含む5戦オール連対の安定感がある。調教パターンを軽めにして見事に折り合い面での進境を見せた前走のアーリントンC(1着)の内容も本番につながる一戦だった。

 ルフトシュトロームはデビューからすべて中山マイルで3戦全勝。しまいを生かした前走のニュージーランドTの競馬なら、むしろ府中の直線はプラスに出そう。

 スプリングS・3着からこちらに矛先を向けたサクセッション、アーリントンC・2着ギルデッドミラーなど伏兵陣も多士済々だ。