【京都1Rで5頭落馬】岩田康は右前腕骨骨折の疑い

2020年04月27日 11時30分

 26日の京都1Rで5頭が落馬する多重事故が発生した。直線入り口で3番手にいたダイヴィンダートが故障(左第3中手骨開放骨折)転倒し、岩田康が落馬。これに巻き込まれる形で後続にいたマーブルレディー(松山)、アカツキリンダ(高倉)、アビーシュート(松若)、シャムエル(小崎)の4頭も落馬。高倉、松若、小崎の3人に異常はなく、その後も騎乗を続けたが、岩田康と松山は担架で運ばれ、京都市内の病院に救急搬送。マイラーズCのブラックムーン(松山→武豊)を含む、両騎手のその後の騎乗馬はすべて乗り替わりになった。

 骨盤骨折の疑いがあった松山は、今週の天皇賞・春=メイショウテンゲンを依頼している池添兼調教師が「本人から連絡があって骨は大丈夫。今週は乗れそうとのことでした」とコメント。同レースでユーキャンスマイルに騎乗予定で、右前腕骨骨折の疑いと診断された岩田康は乗り替わりになりそうだ。