【フローラS】スカイグルーヴ ウッドでスムーズに追走併入「ポテンシャルは相当」

2020年04月22日 21時07分

余力十分に併入したスカイグルーヴ(中)

【フローラS(日曜=26日、東京芝2000メートル=2着までに5・24オークス優先出走権)注目馬22日最終追い切り:美浦】果敢に牡馬相手の重賞「京成杯」に挑んだ前走は惜しくも2着だったスカイグルーヴ。中間はノーザンファーム天栄へ放牧に出され、今月1日に美浦へ帰厩。先週は僚馬オーソリティ(3歳オープン)と互角の動きを披露し、ここまで順調な調整過程を踏んできた。

 この日は南ウッド5ハロンから3頭併せ。前半は遅いラップの中でも折り合いを欠くことなく、スムーズに追走。ゴールまで手綱は動かず外のユナカイト(古馬2勝クラス)と併入(69・1―39・5―12・4秒)したが、追えばどこまでも伸びそうな勢いだった。陣営も重賞初制覇へ意欲を見せた。

 木村調教師「ひと追いごとにコンディションは上がっているし、今朝もいい併せ馬ができた。まだカイ食いなど物足りない面は残しているが、ポテンシャルは相当。新馬勝ちした東京に替わるのは歓迎なので、チャンスをつかみたい」