【皐月賞・後記】3着ガロアクリーク 日本ダービー参戦表明「距離は大丈夫」

2020年04月20日 21時31分

 第80回皐月賞(19日=中山芝内2000メートル)は、1番人気コントレイルが優勝。トライアルのGⅡスプリングSを制しながら、8番人気の低評価に甘んじたガロアクリークは3着に入った。

 序盤は出たなりの位置でちょうど人気馬を見る形に。4コーナー手前では先に動いたコントレイルを懸命に追いかけたが、直線入り口での差は埋まらず3着に押し上げるのが精一杯だった。

 それでも強敵相手に見せ場を演出したヒューイットソンは「前の2頭(コントレイル。サリオス)は力が抜けていましたが、道中からリラックスして走れるのがこの馬の長所。このままダービーへいい感じに向かってほしい」と満足げ。

 上原調教師は「よく頑張ってくれたね。馬場が稍重まで乾いたのが良かった。ジョッキーとも話したが、距離は延ばしても大丈夫でしょう」とダービー参戦を表明した。

 スプリントGIを勝ったキンシャサノキセキを父に持つ異端児が、府中の2400メートルで大番狂わせに挑む。