【アンタレスS】メイショウワザシ 坂路ラスト12・4秒で先着「持ち前の先行力を生かして」

2020年04月16日 20時31分

メイショウワザシは軽快に坂路を駆け上がった

【アンタレスS(日曜=19日、阪神ダート1800メートル)注目馬16日最終追い切り:栗東】メイショウワザシは坂路で僚馬メイショウテンスイ(3歳オープン)と併せ馬。活気十分に駆け上がり、ラスト1ハロンは12・4秒(4ハロン53・3秒)と鋭伸。最後まで相手を前に出すことはなかった。

 南井調教師「この中間も変わりなく順調にやれている。前走(マーチS=5着)は厳しい展開になったけど、4コーナー過ぎまでよく踏ん張っていた。オープンでも堅実に走れているし、状態も引き続きいい。阪神コースでも過去にいい勝負ができているので、持ち前の先行力を生かして」