【皐月賞】無敗の2歳王者コントレイル 坂路で躍動感あふれる動きに福永「きっちり態勢は整った」

2020年04月15日 21時04分

坂路で躍動したコントレイル

【皐月賞(日曜=19日、中山芝内2000メートル)注目馬15日最終追い切り:栗東】東京スポーツ杯2歳Sを5馬身差のレコードで制し、続くGIホープルフルSも危なげなく勝利した無敗の2歳王者コントレイルは坂路で単走追い。最後にサッと脚を伸ばして4ハロン52・9―12・4秒。微調整の内容ながら動きは躍動感にあふれ、一方で我慢するところでは我慢ができていた。

 素軽いフットワークで坂を駆け上がり、“あとは競馬で”と言わんばかりの余力十分のフィニッシュに、陣営は期待馬の成長を強調するとともに厩舎初の皐月賞制覇へ自信を見せた。

 矢作調教師「指示通りの内容で折り合い、反応とも非常に良かった。体重はあまり変わっていないが、それでも中身が詰まってきた印象がある」

 動きを見届けた福永騎手「今週の坂路はチップの入れ替えでタフなコンディションだったけど、十分な動きとタイムだった。レースに向けてきっちり態勢は整った」