【皐月賞】サトノフラッグ「着実に成長している」

2020年04月14日 21時03分

馬房内で丁寧な手入れを受けるサトノフラッグ。うっとりとした表情だ

【皐月賞(日曜=19日、中山芝内2000メートル)注目馬14日朝の表情:美浦】弥生賞Vから駒を進めるサトノフラッグは南の角馬場経由で坂路を軽く1本駆け上がり、翌日の最終追い切りに備えた。

 国枝調教師「日曜(12日)も坂路で15―15を乗ったし、ここまでは在厩調整で順調にこれている。レースを使うごとに馬に雰囲気が出てきたし、着実に成長しているね。明日(15日)も(ルメールの代わりに)ライル(ヒューイットソン)が乗って追い切るが、先週しっかりやっているからサッとでいいかな」