負傷療養中の蛯名が25日から実戦復帰「ようやく2020年のスタート地点」

2020年04月13日 15時06分

蛯名騎手

 負傷療養中の蛯名正義(51=美浦・フリー)が、25日から実戦復帰することが分かった。

 13日、本紙の取材に応じた蛯名は「おかげさまでリハビリ、トレーニングと順調に重ねてこられて、あとは馬に乗るだけ…という段階まできましたので、明日(14日)から調教に乗ります。乗せてもらう予定の藤沢(和)調教師と国枝調教師には“おとなしい馬を用意しておいてください”とお願いしました(笑い)。その後も問題がなければ、25日から実戦に復帰したいと思ってます。世の中も競馬界も大変な時期ですが、自分としてはようやく2020年のスタート地点に立つところ。陰ながらでも応援していただければうれしいです」とコメントした。

 同騎手は昨年12月28日の中山2Rの本馬場入場で落馬し、右踵骨を粉砕骨折。1月7日に手術を受け2月19日に病院を退院。復帰へ向けてリハビリに励んでいた。