【桜花賞】ウーマンズハート 坂路で鋭く反応「この馬の持ち味が生きれば」

2020年04月08日 21時03分

鋭い動きを見せたウーマンズハート

【桜花賞(日曜=12日、阪神芝外1600メートル)注目馬8日最終追い切り:栗東】新潟2歳Sの覇者ウーマンズハートは藤岡康を背に坂路で単走追い。馬なりの内容でラスト1ハロン12・1秒とシャープに反応した(4ハロン54・4―40・1―秒)。馬体は多少細く映るものの、動きは前走時(チューリップ賞=6着)より良化している。

 西浦調教師「使ったことで反応は良くなってきた。週末のお天気は良さそうなので、この馬の持ち味が生きれば」