【桜花賞】デアリングタクト 坂路で力強いフットワーク「自分のリズムで運べればここでも」

2020年04月08日 21時00分

【桜花賞(日曜=12日、阪神芝外1600メートル)注目馬8日最終追い切り:栗東】デアリングタクトは松山を背に坂路単走(4ハロン53・9―39・5―12・6秒)。サラッとした内容だったが、力強いフットワークで真っすぐに駆け上がって好仕上がりだ。

 松山騎手「先週は気負って内へモタれたけど、今朝はそれもなかった。落ち着いて自分のリズムで運べればここでも」