【桜花賞】ナイントゥファイブ「脚をためて、どこまでやれるか」

2020年04月07日 21時04分

操作性の高さが売りのナイントゥファイブ(手前)

【桜花賞(日曜=12日、阪神芝外1600メートル)注目馬7日朝の表情:栗東】フィリーズRの3着馬ナイントゥファイブはウッド&坂路で軽めの調整。

 西園調教師「併せ馬のような形になったけど、この馬は鞍上の言うことをちゃんと聞けるので、全然ひっかからない。競走馬の見本みたいな馬だよね。ここも行く馬を見ながら脚をためて、どこまでやれるか見てみたい」