【桜花賞・1週前追い】レシステンシア コントロールの利いた走りに武豊「さすがという感じ」

2020年04月02日 20時00分

レシステンシアは武豊と息の合った動きを見せた

【桜花賞(12日=日曜、阪神芝外1600メートル)注目馬2日1週前追い切り:栗東】1番人気に支持されながら3着に終わったチューリップ賞からの巻き返しを期すレシステンシア(松下)は、武豊が騎乗して坂路で単走。先週速い時計をマークしていることもあって4ハロン56・0―13・0秒と静の調整に終始したが、ゆったりしたペースでもコントロールの利いた走りを見せた。鞍上はパートナーの成長に満足げで、陣営も上昇気配をアピールした。

 新馬勝ち以来、久々に感触を確かめた武豊騎手「すごくいい動きでした。さすがという感じですね。前進気勢がすごくあって、上手に走れていました。デビュー戦の時よりも、馬が力強くなっていますね」

 松下調教師「テンションが上がっていないし、いい感じです。2歳の時も使うごとにパフォーマンスが上がっていきましたし、デキそのものも良くなっていますよ」